保育士の資格を取るには

保育士の資格を取るにはどうしたらいいの

保育士の資格を取るにはどうしたらいいのか解説中です。

 

子どもが好きな方は、保育園で働きたいという方も多いのではないでしょうか。

 

保育園で働くには、保育士という資格が必要になります。最近では2003年から国家資格と認定されており、取得する必要があります。

 

保育士を取得するには、どのような手段があるのでしょうか。
まず一つ目は厚生労働省が指定している大学や短大、専門学校に通うということです。これらの養成学校に通っている方は、履修科目をきちんと受講して卒業すれば試験などを受ける必要はなく、簡単に取得することができます。そのため、早い段階から保育士を目指している方はこれらの学校に通って、卒業と同時に資格取得される方が多くなっています。

 

一方で、養成学校に通う時間のない方、例えばすでに社会人であったり、主婦などは試験を受けて、合格することで取得することができます。参考書なども販売されていますが、そう簡単に卒業できるものではありません。そのため、最近は通信教育で自分の空いている時間に少しずつ勉強して試験に臨まれる方もいらっしゃいます。

 

試験には筆記試験と実技試験があり、実技試験では、ピアノやギターなどで演奏しながら歌を歌ったり、指定課題のデッサンなどの絵画制作や童話などを3分で読み上げる言語の実技の中から二つを選び実技します。

 

筆記だけではなく、実技があることから当日の試験で緊張をして実力が発揮できないということがないように、しっかりと実技の練習に励むことも必要です。

保育士の資格を取る2つの方法

保育士の資格を取るには2つの方法があります。

 

近年、共稼ぎ世帯が増えているなかでニーズが高まっているのが保育園です。そして、それに伴い需要が高まっているのが保育士です。これは職業でもあり、国家資格の一つとなっているのです。この保育士の資格を取得するには大きく2つの方法があります。

 

一つは、厚生労働大臣指定の学校で課程を修了することです。簡単に言えば、特定の大学・短期大学・専門学校などの育成施設から卒業することで同時に取得することができます。そのため、この方法では国家試験を受ける必要はありません。よほどのことがないかぎり確実に取得することができるため、基本的にはこちらのほうが多いようです。

 

もう一つは年に一回行われている国家試験に合格することです。その試験名はそのまま保育士試験と呼ばれています。こちらは、仕事や家事の合間に勉強をして試験に挑むことが多いです。また書籍を購入したり、通信講座を受講したりすることで、上記の方法に比べても費用が安いというメリットもあります。

 

ただ、その取得方法も少しずつ変化していくと見られています。というのも、現在は深刻な保育士不足となっているからです。需要が高まっているにも関わらず、保育士の数はその需要に追いついていません。
そのため、質を維持しながらも少しでも取得できる人が増えるように検討されています。

 

たとえば、国家試験でも年に一回のものを年二回に増やそうという試みがあります。この資格を取ろうと思うのならば、その辺の情報も敏感になっておいたほうがいいでしょう。

保育士の資格を取得する方法を知っておきましょう

児童福祉施設や保育園で、先生として働くためには保育士の資格を取得する必要があります。以前は任意試験でしたが、現在は国家試験になっています。

 

保育士になるためには、厚生労働省の規定の4年生大学や短期大学、専門学校などに進学をする必要があります。

 

学校で必要な知識を身に付けて、単位を取得して卒業をすることで、資格を取得できます。

 

保育士試験は、毎年8月に筆記試験が行われており、10月に実技試験が行われています。

 

各科目の60パーセントを正解すると、ほぼ合格をすることが出来ます。

 

国家試験なので容易に取得ができないため、通信教育を受けたり、参考書や問題集を使って計画的に勉強をしておく必要があります。

 

最近は養成所で必要な知識を身に付けてから、試験を受ける方が多くなっています。

 

実技試験は、音楽、言語、絵画制作の中から2択を選んで受講をします。

 

試験の科目に合格をすると、3年間持ち越すことが出来るので、落ちた科目だけ受験をすることが可能になっています。

 

以前に比べると、難易度が上がっていますが、3年以内に必要な科目を合格できれば、資格を取得できます。

 

現代は格家族化が進んでおり、お子様を保育園などに預けて働きたいというご家庭が増えています。ますます需要が増えている職業なので、安定して働き続けることが出来ます。お子様の世話が好きで、明るい性格であれば適性があるので、試験を受けてみると良いでしょう。計画的に学習を進めていくことが大切です。

保育士の資格を取得するメリット

保育士の資格の取得には多くのメリットがあります。

 

国家資格の一つであって、一度取得をすると定期的な講習や更新の必要がありません。

 

結婚や子育てにより、退職し現場を離れることになってしまっても、働いたという経験があれば再就職も難しくはなく、他の職種に比べ現場復帰がしやすいのも特徴であり、メリットの一つです。

 

そして、子供達との触れあい、子供達の成長をサポートする仕事なので、その経験が自信の子育てにも反映され、どのように子育てをすれば良いのかという悩みに直面することも少なく、子供を育てる女性にとっては母親としての自信を得ることにも繋がります。

 

また夜遅くまで働くこともありませんし、土日祝日が休日となるため、働くにあたって家族との時間もしっかりと確保することが出来るので、働きやすい仕事しての人気があります。

 

フルタイムではなく、一日に二時間から四時間程度のパートとしての働き方も今は多くなってきているので、一日時間を取ることが出来ないといった主婦の方でも働きやすく、時給の方も他の職種で働くよりも高くなります。

 

そしてまた、今は保育士専門の求人サイトもあり、通常の求人サイトで一つ一つ求人の中身を調べる時間の手間を省くことが出来ます。

 

そして、こちらのサイトを利用すれば、勤務地、給与、労働時間など自分の働きたい条件に合わせて職場を見つけることが出来るのでとても便利です。

 

このように保育士の資格を取得することにより、得られるメリットは多くあります。

 

保育士求人 正社員